当院では傷が小さく痛みの少ない手術(腹腔鏡手術)を行うことが可能です。

犬・猫のおなかに、約5mm大の小さな傷を2〜3箇所あけ、行う手術です。

小さな傷で手術が行えるため、従来の手術方法(お腹を広く切開する方法)に比べ術後の痛みや、内臓への負担が少ない手術方法です。

 

腹腔鏡手術のメリット

  • 手術の傷口が小さい(約5mmの傷 2〜3箇所)※犬種・術式により傷が広くなる事があります。
  • 短い入院期間(避妊手術・停留精巣なら日帰り)
  • 傷口が小さいため、内臓の乾燥が少ない
  • カメラをいれる事で、小さな血管や、臓器の詳細な観察が可能

 

腹腔鏡手術のデメリット

  • 特殊な手術器具を使用する為、従来の手術方法よりも費用がかかる
  • お腹を膨らませて手術するためガス(医療用)を使用したり、頻繁に体位変換を行うため、通常の手術よりも麻酔管理が繊細になります
  • 手術内容によっては、通常の開腹手術よりも時間がかかります

 

手術のながれ(小型犬の避妊手術の場合)

  1. 診察を行います(電話での予約をお願いします)。
  2. 診察を行い説明を致します。その際に、術前の検査(血液検査、レントゲン検査)を行い、麻酔を行えるかどうかの判断をします。
  3. 術前検査が問題なければ、診察日とは別に手術日の予約を行います。
  4. 手術日の10時頃まで来院して頂きます。そのままお預かりし、お昼に手術を行います。
  5. 夕方お迎えに来ていただいて、約10日後の抜糸となります。

 

当院での腹腔鏡手術の適応症について

  • 避妊手術(子宮・卵巣摘出術/卵巣摘出術) 停留精巣摘出術 膀胱結石摘出術 腹腔内臓器の生検 
  • ※その他の手術内容に関して(大型犬の胃固定術 胆嚢摘出術 など)に関しては当院アドバイザースタッフとの相談が必要になります。先ずはお問い合わせ下さい。

 

 犬の避妊手術後の傷跡(写真)         手術の様子

 fullsizeoutput_418.jpeg  fullsizeoutput_3f4.jpeg